« 老人と若者は何故、話が合わないのか? | トップページ | 腐敗の原因は公務員 »

医療を信じるな

Https___imgixproxy_n8s_jp_content_2


酒は少しなら薬になるって、良く言われるけど

その根拠が間違っていました~~

医者に文句を言うな

現代医療の責任なんてこんなものだろう

以下引用

クリスティー博士らは、酒と健康の関連を調べた過去の論文計87件を分析した。その結果、「重大な誤りに気づいた」という。「過去の論文の多くが、病気が原因で禁酒している人々のことを考慮の対象から除外している」というのだ。博士によると、酒を飲まない人々の中には次の事情の人がいる。

   (1)糖尿病や心血管疾患などの病気で医師から禁酒をさせられている人。

   (2)そのほかの病気を患ったり、もともと体が弱かったりして酒を飲めない(あるいは飲まない)人。

   こうした人々は早死にする可能性が高いのに、酒を飲む人と全死亡率を比較する際、統計に反映されてこなかった。そこで、「病気による飲酒」を考慮しない論文をすべて除外し、残りの論文を改めて分析し直すと、「適量の飲酒が、酒を飲まない人より健康的で長寿をもたらす」という結果は得られなかった。これまで左党を喜ばせてきた多くの研究は、最初から「統計ミス」によるものだったというわけだ。

|

« 老人と若者は何故、話が合わないのか? | トップページ | 腐敗の原因は公務員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老人と若者は何故、話が合わないのか? | トップページ | 腐敗の原因は公務員 »