« 道交法について考える | トップページ | 医療を信じるな »

老人と若者は何故、話が合わないのか?

良い事を聞いた

老人と若者は何故、話が合わないのか?

老人は聞く耳持たないからか?

興味の対象が違うからか?

ジェネレーションギャップか?

それもあるけど、

老人は過去の事を話したがり、若者は未来を話す のが最大の原因だろう

さらに、老人の知識は簡単にググれるし、同じ事を何度も言われる

老人の経験談は今の時代に、マッチしないことが多い (情報に価値がない)

若者は、老人が自分の時間を奪いに来ていることを肌で感じる

老害

(男性)老人の主張は、論破できない

根拠のない自尊心に基づいていた、自分勝手な先入観がある

声を荒げたりする

元々、理論がとおる老人が少ない

数は少ないかも知れないが、老害が目立つ時代だ

年を取ることは、腐っていくことである

どうせ腐るなら、腐敗ではなく、醗酵したいものである

柔軟性があって、お茶目な周囲と仲良くできる老人を目指したい

和顔愛語だ!

|

« 道交法について考える | トップページ | 医療を信じるな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道交法について考える | トップページ | 医療を信じるな »