« Fさんへ | トップページ | 味覚地図 »

味は説明できない  there is no accounting for taste

2,3か月前 かき氷の味の成分はイチゴもレモンもメロンも同じと言う事が話題になりました。

Photo

要は目を閉じて鼻つまんで食べたら、同じ味って事。
これ聞いた時、なんて当たり前の事かって思った。

味覚の要素は 酸っぱい、甘い、塩辛い、苦い、旨味。
口内触感を除けば、 食べ物は、すべてこれで 決着がつく。

ミシュランレストランも、立ち飲み屋のつまみも これだけの要素の方程式だ。

ツールダルジャンの10万の昼飯も、近所の立ち飲みの200円の焼酎も この組み合わせで結論が出るって事だ。

(ちなみに2日目のカレーが美味いって根拠は粘度だそうですが。。。。)

待てよ!

絵画ってどうなの?  墨跡ってどうなの?
ただの色の組み合わせやん。

音楽ってどうなの?  演歌も オペラも。
こっちは単なる周波数の組み合わせやん!
森進一の歌も ストラディバリの音も単なる空気の揺れだ。

でも、そう言われると 芸術って簡単だな。
音楽コンクールもコンピューター審査で一発。

待てよ!

美人、不美人 なんて韓国の医者が何とでもしてくれるのか。。。。

なんだなんだ この簡単な論理は!

でも 待てよ。。

うちに来る雑食野良猫は、臭いだけで、食を選んでるし、
危害を加える人か否か、遠くからでも判別できる!
勿論、誰から教わったわけでもない。

こりゃ 何か 人間の基準だけが違っているんじゃないか?

|

« Fさんへ | トップページ | 味覚地図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Fさんへ | トップページ | 味覚地図 »