« 味は説明できない  there is no accounting for taste | トップページ | SALLYちゃんが 柳さんなんて。。。。 »

味覚地図

味の続き

舌には味の要素を感じる部分がおおよそ分かれています。

これを舌の味覚地図と呼んでいます。

例えば
甘い     舌先
塩辛い    舌の脇(先の方)
酸い     舌の脇(奥の方)
苦い     舌の奥

これには根拠があって
動物が生存するためには、まず食べなくてはいけない。
だから 食べる欲を満たすため 甘いのもをまず感じるように先の方で感じる。
同様に、塩分も摂取する必要があるので 先の方だ。
しかし、食べられないのもを飲み込まないように 腐敗している、酸化しているもの=苦い酸いは舌の奥の方で感じる。

これって 学術的には 嘘だって事になっています。

実際にテストしてみたが、否定的な結論しか出ない。
ミライを調べてみたら場所によっての片寄りはない。

|

« 味は説明できない  there is no accounting for taste | トップページ | SALLYちゃんが 柳さんなんて。。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 味は説明できない  there is no accounting for taste | トップページ | SALLYちゃんが 柳さんなんて。。。。 »