« 虹を架けた10人 その3 | トップページ | TPPについて »

虹を架けた10人 その4

山極勝三郎  医師

Photo


「スタップ細胞はあります」の女性も時の人になったけど、

山極勝三郎は世界で初めて人工癌を作った人。

後に、この話はノーベル賞の意味と実績の相違を世の中に知らしめることになる。

人工癌発生でノーベル賞を受賞したデンマーク人の論文は後に間違っていた事が解る。

さらに 選考委員の一人が後に来日し、癌学会の場で山極にノーベル賞を与えられなかった経緯についてに話し、謝罪。

「東洋人に、ノーベル賞は まだ 早い」 と ノーベル財団は判断したという。

|

« 虹を架けた10人 その3 | トップページ | TPPについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虹を架けた10人 その3 | トップページ | TPPについて »