« クラシックギターの消音について BWV999 | トップページ | あらためて(検めて)思う 宮城道雄 »

将棋電王戦 に関して

h260329 コンピュータYSS vs 将棋プロ豊島7段

結果 将棋プロの勝ち。

先に将棋プロが2連敗しているだけに、プロの意地を賭けた戦いになると期待していた。

しかし、なんとも、考えさせられる将棋になった。

そもそも、ルールは どうだったのだろうか? (人間有利の設定??)

勝てば良いというのは、プロの芸としては、如何なのでしょう?

森田将棋のバグを発見して喜んでいるのと似ているような。。。

酒飲み名人 芹沢8段は1局1局が芸術品であると言って、相手が下手な手をさすと帰ってしまったと言う逸話をもっている。

来年には、プロはコンピュータには勝てないだろう。

「将棋もゲームであったら 結論は3つ しかない。

先手勝ち、後手勝ち、引き分けのどれかだ。」

と言ったのは、升田幸三である。

|

« クラシックギターの消音について BWV999 | トップページ | あらためて(検めて)思う 宮城道雄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラシックギターの消音について BWV999 | トップページ | あらためて(検めて)思う 宮城道雄 »