« 最近 読んでる本 | トップページ | 柴田南雄→追分節考→ケムンパス。ニョロニュロ→ペルト(ベンジャミン・フランクリン) »

ラジオ体操の思い出

夏休み、小学生は首からビンゴカード?を下げて 公園に行く。

全部押してもらうと ノートや鉛筆がもらえる。

私は行かなかった。    と言うか、行けなかった。

自分自身がLDだし、母親がいないから、子供会に入っていないからだ。


小学校の行事なんて、ハンディキャップの再確認の場だ。

「授業参観、お母さん来てなかったね。」
「母親の日の作文、なんで書かないの?」  毎年 担任から 言われる。


ラジオ体操。 上を見上げるとき 口は 閉じなければならない。

担任の先生が言った。
「口あけてると、ハエが入るぞ~」
「口とお尻の穴はいつも閉じてなきゃだめだぞ~」

子供たちは笑ってた。

その担任も 今では ストマ設置されたと聞く。


私は、毎朝 公園に行く。
楽しみは、ピアノ伴奏者を当てることだ。

|

« 最近 読んでる本 | トップページ | 柴田南雄→追分節考→ケムンパス。ニョロニュロ→ペルト(ベンジャミン・フランクリン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近 読んでる本 | トップページ | 柴田南雄→追分節考→ケムンパス。ニョロニュロ→ペルト(ベンジャミン・フランクリン) »