« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

ちょっと違うぜ 天気予報

津波が来る。

100回言われたら100回逃げれば良い。
でも、普通の考えとして、3回位で、情報源として信用されなくなる。

朝の天気予報。
笑い話ではなく、良く出るフレーズ。

①本日の最高気温 28度。 只今29度ですのでこれ以上高くならないでしょう。

②週間天気予報が出ました。おおむね晴れでしょう。しかし予報ランクCですので、傘が必要になるかも知れません。

解説
①すでに予報が外れてるじゃん。
②あてにならない。って、自分で言ってるじゃん。

***
「熱中症には十分注意をして下さい。」 も毎日言うの止めて欲しい。
個人が、「ご自愛ください」と使う、挨拶言葉ではない。

「東京都にお住まい、勤務する方は危険ですので、外出しないで補水して下さい。」と言えば良い。
毎日熱中症で亡くなる尊い命の1.2割でも救うんだという信念があったら、マイクに断言するべきだ。

でも、あなたの会社の人、みんな出勤するでしょう。

そんな時は、「昨日、熱中症で87歳の男性が自宅でなくなりました」って付け加えれば、
信頼度もアップするかも知れません。 そんなお年の方 お勤めでないか。。。

「所により雨」 ほど、胡散臭いものはない、
他の場所で降ったか否か?調べている人はいないだろう。
これも、毎日 言ってる。

信頼出来ない根拠を元に恐怖心を植えつけ、
やがて、恐怖心が、信頼とともに消えた頃、

天災はやって来る。

新田次郎。 山岳小説なんか書いている場合じゃないぞ。 気象庁の仕事数学的な根拠を次男藤原正彦に託せ。「国家の品格」が問われるぞ。

笑い話

社内運動会、順延になりました。 気象庁

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »