« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

鶏頭論争

正岡子規の句

鶏頭の十四五本もありぬべし

絶賛する俳人と駄作視する俳人がいるそうだ
全く、意味不明の俳句

鶏頭が14.5本あるよ

って、詠まれても
ああ、そうですか。 ってな感じ。。。

いろいろな説があって

①子規が床に伏せって詠んだから 正確な数字を出せない心境を詠っている
②鶏頭と、ホトトギス(子規)の喉の色の対比から、病の重さを託している
③そもそも 14.15の素数を足すと17で5.7.5の合計になっている
等々

こんなの学校で教えてくれなかったかな?
入試にでないから、忘れたのか?

日本人は深いな~
もうすぐ、秋の夕暮れか。。。

どなたか、御指南下さいcancer

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »