« スポーツに関して | トップページ | スポーツ嫌いから、坂バカへの相対的な理論 »

スポーツにおける団体競技

駅伝の面白さがわからないと言う人がいる。

400mリレーならバトンの技術もいるし、それぞれが役割を果たし一つの競技になるのは理解できる。

駅伝はただの個人競技が、加算されたものに過ぎない。

サッカーのようにポジションもなければ意思伝達の必要もない。

高校時代の同級生でインターハイの体操の選手がいた。

彼に体操の団体種目について同じ事を聞いたのを思い出した。

その時彼は仲間内で発行している手作り新聞を見せてくれた。

数行だったかもしれない。 初期仏教の限界という記事を見つけた。

|

« スポーツに関して | トップページ | スポーツ嫌いから、坂バカへの相対的な理論 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。