« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

新聞記事から 「何でそこまで飲むのか」

P1110003 驚いた。 自分そっくりだ。

偶然別の記事で正岡子規の訃報を受けた夏目漱石の追悼の句が載っていた。

解説で 青山とは墓地の事だと知った。

生涯 酒のみを友とした坊主、山頭火。

”分け入っても 分け入っても あおい山”

この酔っ払いも あおい山に 立ち向かっていくのか。。。

体に気をつけて欲しい 

|

アントン・ヘーシンク

P1110002 新聞に出ていました。

東京オリンピック金メダル獲得時

喜んでたたみに上がろうとする自国の関係者を制しているところ。

負けてしまったのは、当時最強と言われていた猪熊ではなく神永だ。

ちなみに猪熊は違うクラスで出場し金メダルを取っている。

決勝相手はロジャースだ。 (柔術を好む糸巻き製造家とは関係ない)

当時日本はヘーシンク打倒の大志一本だったようだ。

五輪正式種目になった東京五輪で負けるわけにはいかない。

神永を相手に選んだのは神のいたずらかも知れない。

その2年後、世界選手権ではヘーシンク対猪熊が惜しくも実現せず。

大怪我から奇跡の復活を果たした猪熊は、ヘーシンクを戦えなくなった事を知って引退。

晩年、自決している。。。。。

|

日本人

ノルウェーの森の村上春樹が今年もノーベル賞を逃した。

   康成こそ日本文学の美と思う私にとって良い事かなとも思う。

      受賞の科学者の言葉は  「海外に出よ」 だ。

              同じ言葉を聞いたことがある。

        日本人は手先が器用で優秀な民族だと思っていた。。

     アメリカ人は自分の利益しか考えないと思っていた。。

     中国人のコピー商品はすぐ壊れると思っていた。。

へーシングが逝ってしまった。

   青い色の柔道着。。。

朝青龍の断髪式

   親方の顔の情けなさ。。。。。

   大和魂って 藤猛?

NHKで白熱教室@東大を見た。

   日本人の正義とは言葉で説明がつかないものだ。

良いものは良い、悪いものは悪い。 卑怯なことはしてはいけない。

ディベートの能力や社会学の知識を得る前に日本人の道徳を叩き込め!

ビートルズがかっこ良いか?

添田 唖蝉坊を聞け!

   天地真理(鳴かない蝉曰く、天地こそ真理がある)

   

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »